お金を借りる ガス代

ガス代が払えないのでお金を借りたい

食事やショッピングは、その場で購入しなければ「満足」が得られないため、当然のように支払いをしますよね。クレジットカードの場合は、引き落とし日に残高がなければすぐに利用を停止されてしまうこともあるので、注意を払っている方も多いかと思います。

 

一方、水道・電気・ガスなどの公共料金についてはいかがでしょうか。どのご家庭でも毎月使用しますが、形に残らないせいか購入しているという意識は低めです。また、「支払いが遅れてもそんなにすぐには停止しないだろう」という感覚を、なんとなく持っている方も多いのではないでしょうか。生活に必要不可欠であるにもかかわらず、後回しにされがちな公共料金。今回は光熱費のうち『ガス代』についてお話します。

 

通常、ガス料金は『後払い』システムです。ガス会社の検針員が月に一度メーターの指示数を確認し、前回から増加している分について請求されます。請求されるタイミングは、支払い方法によって異なります。支払いは、銀行口座やクレジットカードの引き落とし、コンビニ等での払込票での納付などから選べます。

 

支払いには通常の支払い期限のほかに、最終支払い期限が定められています。多くのガス会社では、支払い期限の30日後に設定されており、納付しない場合、『停止予告書』が届きます。停止予定日は、検針日から50日後に設定されていることが多いようです。

 

「50日後」と聞いて、「そんなに余裕があるんだ…」と思った人がいるかもしれません。しかし、思っているよりあっという間で、その間にもガスを利用し続けていることを忘れてはいけません。来月にはまたひと月分の請求がくるということです。

 

さらに、最終支払い期限を過ぎると、それ以降、延滞金が発生します。延滞利率の相場は約年10%で、非常に高く設定されています。後払いであり、期限の後30日間の猶予があるわけで、やむを得ないかもしれません。

 

また、納付が期限当日の夜間になってしまった場合、納付されたことをガス会社が確認するまでにタイムラグがあり、一時的に停止されてしまう恐れもあります。その場合は、ガス会社に電話で連絡を入れ、ガスを再開してもらう必要があります。代金を支払い、連絡を入れれば、復旧はとてもスムーズです。

 

『公共』料金だし、滞納したからと言ってそんなにキツい督促もないだろう…。なんとなくそんな風に考えていませんか?実は、『公共』料金だからこそ、規則に沿って淡々と請求、取り立てが行われます。滞納が長引くと、然るべき手続が取られ、裁判を起こされる可能性もあります。

 

多くのガス会社は、滞納金の回収をサービサーと呼ばれる債権回収会社に任せます。債権回収会社は回収処理を専門に扱うため、迅速に裁判を起こす事も考えられます。裁判となり、支払うべきとの判決が出れば、ガス料金や延滞金だけでなく、裁判所に納める費用の支払いもこちらに求められる場合があります。

 

ガス代などの公共料金は、生活には必要不可欠なもの。少額なこともあり、つい後回しにしてしまいがちですが、少額だからこそ毎月きちんと納め、滞納がある場合は早々に解消するのが一番です。次のお給料が入れば一括で返すことも難しくないでしょうから、キャッシングでお金を借りてでも支払うのが、無駄な支出を膨らまさない方法です。

 

一括での返済が難しい金額だとしても、消費者金融であれば分割にも応じてくれます。ガス会社にそのような柔軟な対応をお願いするのは難しいでしょう。遅れてしまった時はズルズルせず、その時にできる最善の対応をする。不安なく、快適に過ごす時間を増やすために、大切なことだと思います。