住宅ローン払えない

住宅ローンが払えないのでお金を借りたい

夢はマイホームを持つこと!という方、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。一生のうちで何か形に残したいという思いは、誰でも共感できることと思います。そんなマイホームは、まさに一生モノ。安い買い物ではないし、こだわればこだわるほどお金もかかります。

 

30〜35年の住宅ローンを組むのが一般的です。30歳で購入したとして、60歳、65歳まで支払い続けなければいけません。そのため、購入はなるべく早いうちがいいと言われています。働き盛りを過ぎてもずっと同じ収入を得られるとは限りません。

 

また、長い人生の中で、教育資金や医療費が予想外に増えてしまうなど、突然の出費も当然あります。住宅ローンは月々の金額も比較的多く、「支払いがキツい」と感じている方は少なくありません。実際に、住宅ローンが払えない、生活費が回らない…そんな状況になった時、どのような対処方法があるでしょうか。

 

築年数が経っていなければ、家に価値が残っているケースがあります。家を売却してローンを返済し、イチからやり直すというのも一つの手段です。家を失うことにはなりますが、ローンがなくなり、いくらかお金が手元に残る可能性もあります。しかし、念願のマイホーム…やはり手放したくないですよね。家を守るためには、どうしたらいいのでしょうか。

 

家を手放さず、支払いを継続するためには、どこかからお金を借りるという選択になります。具体的には、「ひとまず今月だけ乗り切りたい」という場合は、キャッシングが便利です。審査から借入まで、手間も時間も最もかからない方法です。

 

審査について、住宅ローンが組めるほどの収入の方であれば、ローンひと月分をキャッシングするのは難しいことではありません。早いところであれば、申し込んだその日に借りることもできるでしょう。

 

また、借入について調べていると、「総量規制」という言葉を耳にするかもしれません。簡単に言うと、年収の3分の1を超えるお金は借りられないという法律です。貸金業法が改正・施行され、話題に上っています。

 

住宅ローンもあるのにさらにキャッシングしたら「総量規制」に引っかかるのでは?と思うかもしれません。しかし、銀行からの融資は総量規制の対象にならないので、他にお金を借りることは可能です。「総量規制」について詳しくはこちらのページも参考にしてください。

 

→総量規制対象外のカードローンが人気。その理由と借りる際の注意点

 

もちろん、銀行から借りるのもひとつの方法です。ネットで検索すれば、銀行融資を受けるための解説も多数あります。しかし、銀行に融資を相談することで、今後の住宅ローンの支払い(銀行とのローン契約)に影響を及ぼす可能性が無いとは言い切れません。

 

支払い期限まで時間があるから申込みだけ…と安易に行動してしまい、もし審査に落ちてしまったら、申込みした事実は取り消せず、データが残ります。同じ借入先に追加で融資をお願いすることになるので、審査はより厳しくなります。

 

さらに、支払いに困っていることを家族に内緒にしたい場合も、消費者金融のキャッシングが優れています。たとえば家族が住宅ローンの連帯保証人になっていた場合、追加の融資の申込みを受けて、銀行が家族に連絡してしまうかもしれません。不足分をキャッシングで補い、翌月のやりくりを調整して返済すれば、一時のピンチを乗り切れるはずです。