教育費借りる

教育費を準備する手段と借りれるところ

ざっくり言うと…
・教育ローンを借りるためには年収などの条件があり、審査はカードローンより厳しいと言われています。
・ただし低金利(年利2~3%)で融資が受けられます。
・教育ローンにも様々な種類があります。選び方のポイントを押さえて賢く利用しましょう。

 

かわいい子どもの成長は、親にとって何よりの楽しみ。将来どんな道に進むか分からないけれど、いつかの進学のために学資保険など積み立てしている方も多いと思います。専門学校、四大、私立公立、県内外…選択は様々ですが、いずれにしても入学金や授業料など教育費はかなり高額になります。

 

特に、県外の大学に進学するなどの場合は、教育費のほかに一人で暮らすための家賃や生活費も必要になります。子どもとは言え、ひとつの別世帯ができる訳で、月々の負担は莫大です。ここでは、そんな高額な教育費用を賄う方法について考えてみましょう。奨学金や教育ローンを利用するなど、いくつかの方法があります。

 

主な教育費を準備する手段

教育ローンは、銀行や信用金庫、信販会社など様々な金融機関で扱っています。使途が自由なフリーローンに比べて、教育ローンは低金利で融資を受けられます。融資を受ける額が少額ではないので、やはり低金利で借りたいところですよね。早速、申込み条件や審査基準等を詳しくご紹介します。

 

教育ローンを申し込める条件とは?

教育ローンは使途が限られているほか、いくつかの制約があります。審査基準も決して緩くはありませんが、だからこその魅力的な低金利です。まずは申込の条件を見てみましょう。各金融機関によって異なるので、一般的なものとして参考にしてください。

 

・大学や短大、専門学校などで必要となる教育資金であること
・保証会社の保証を受けることができること
・前年度の年収が●●万円以上であること(金融機関によって異なりますが多くが200万円となっています)
・勤続年数が●年以上あること

 

比較的大きな金額の融資になるケースが多いので、やはり貸す側も慎重です。年収や勤続年数について、割と明確に条件が指定されています。収入等に不安がある方は特に、融資を受けたい金融機関の申込み条件を事前によく確認してください。

 

教育ローンの審査の基準は?利用できない人とは

教育ローンは使途に制限があり、申込み条件のハードルも高めです。でもその分、金利は年利2〜3%とかなり低めに設定されています。どうにかして低金利で融資を受けたいところですが、正直なところ、次に該当する方は難しいかもしれません。

 

・カードローンを2社以上利用している
・カードローンや住宅ローンの返済を遅延したことがある
・過去5年以内に自己破産をしたことがある
・勤続年数が短く正社員ではない

 

多重債務の状況や、これまで借入に関する事故がないかという点を審査します。申込みの時点でクリアが厳しそうな場合は、教育ローン以外の方法を検討する方が良いかもしれません。子ども本人が申込人になる奨学金制度であれば、利用できる可能性があります。子どもが卒業後に月々返済することになるので、家族で相談してみましょう。

 

教育ローンの選び方

教育ローンは、あらゆる金融機関で扱っています。教育資金の工面には、どの家庭も四苦八苦しているからですね。名前は同じ「教育ローン」でも、内容は個々に違います。何を基準に選べばよいか迷った時に知っておきたい、失敗しない3つのポイントをご紹介します。

 

金利が低い教育ローンを選ぶ
教育ローンの金利は2〜3%と低めに設定されています(2015年3月時点)。フリーローンなら十数%は下らないので、大きな違いですよね。教育資金となれば数百万円借りることもあり、元金が大きいので、たかが利息の1%とも言えません。

 

例)300万円を5年間借りる場合
金利2%の場合:毎月の返済額 52,583円 返済総額3,154,980円
金利3%の場合:毎月の返済額 53,906円 返済総額3,234,360円

 

まずは、国の教育ローンと言われる日本政策金融公庫の教育貸付を検討しましょう。金利は2.25%とかなり低くなっています(2015年3月時点)。しかし、誰でも利用できる訳ではなく、世帯年収に上限があります。該当しない場合は、銀行など金融機関の教育ローンを利用することになります。

 

一般の金融機関ではもう少し金利が高くなりますが、中には2%台のものもあります。融資の条件が自分の状況に合致し、審査を通過するものがあるかもしれません。内容をしっかり確認しながら、優遇を受けられる金融機関やサービスを探しましょう。

 

忙しい方は、来店不要で申し込める教育ローンを選ぶ

ローンの申込み窓口は、24時間いつでも対応してくれる訳ではありません。銀行などの窓口の受付時間は、たいてい私たちが働いている時間です。共働きでなかなか自由に時間を作れない方も多いですよね。仕事を休んで何度も手続きに行くのは難しいと思います。

 

そんな時は、インターネットで簡単に申込みできる業者を選択してみてはいかがでしょうか。審査から融資まで、一度も来店せず契約できる業者もあります。ローンを組むために仕事を休みがちになり、収入が不安定になるのは本末転倒です。良い方法を検討してみてください。

 

すぐの返済が難しい場合には、元金返済措置期間がある教育ローンを選ぶ

 

次に、返済方法についてお話します。コンスタントに収入はあるけれど、今の収支では返済に回せるお金が少ないという方に向けて、「元金返済措置期間」を設けたローンがあります。今は少ししか返せないけど、四年後にはゆとりが出る…そんな方に元金の返済を猶予するサービスです。

 

ある一定期間は利息だけ支払い、期間経過後に元金も上乗せして支払います。例えば、子どもが大学を卒業する四年後には生活費がかからなくなるので、その分も返済に回せるといった目途が立つような場合です。急に大きくのしかかる返済はとても不安ですが、少しでもゆとりを持って返していければ安心ですよね。

 

おすすめの教育ローン

おすすめの教育ローンは、イオン銀行 ネットフリーローン 教育プランです。

 

◎特徴
・借入金額300万円までは、収入証明書が原則不要!
・これから支払うお金はもちろん、支払い済みのものについても融資可能!
・他社ローンの借換え・おまとめにも利用可能!

 

まとめ

教育ローンは、大事な子どもが進学するための不可欠な借入です。金額も高額ですし、審査にも不安があります。しかし、扱っている金融機関も、利用している方も、とても多いローンです。まずは借入したい金融機関の条件を確認しましょう。収入の条件をクリアし、債務での事故歴等がなければ、融資を受けられる可能性は十分にあります。

 

教育ローンは利用者が多く、ニーズに合わせた幅広いサービスが用意されています。ネットで申込できる業者もたくさんあり、仕事や、子どもの新生活の準備などで忙しい時ですから、時間の節約も大切ですね。審査や手続きの手間などを考えて諦めずに、様々なサービスを活用してください。