自動車教習所へ通うお金を借りたい

自動車教習所へ通うお金を借りたい

運転免許を取得しようと思ったとき、何を心配するでしょうか?

 

「試験に通るかな?」「ちゃんと運転できるかな?」「授業についていけるかな?」など、いろいろあるかもしれませんが、なにより「いくらかかるかな?」という心配がもっとも大きいでしょう。

 

一般的に、自動車学校だけで「22〜35万円」かかりますし、それに運転免許センターでの受験料と免許証交付料の3,850円を加えると、自動車の免許をストレートで取るだけで「合計36万円弱」かかるわけです。その他、通学の交通費や食費、試験に落ちたときの追加講習費用も考えると、「40万円程度」は用意しておく方が良いでしょう。

 

もちろん、大型免許や二輪車など、取得する免許によって必要なお金は変わってきますし、コンビニに置いてあるパンフレットで見かける免許合宿を使っても、「20〜25万円」くらいかかるのが一般的です。

 

これだけのお金を簡単に用意できる人は、なかなかいないでしょう。アルバイトをして貯金をしたり、親に借りたりすることができれば良いのですが、そういったことができない場合、消費者金融や銀行カードローンで借り入れたり、教習所ローンや運転免許ローンを組んだりしたいと考えるかもしれません。

 

しかし、教習所ローンや運転免許ローンの審査は、簡単に通るものではありません。そもそも、未成年がローンを組むためには保証人が必要な場合も多く、ローンを組むのは簡単なことではないでしょう。

 

消費者金融のキャッシングは、保証人なしでお金を借りることもできますが、そもそも消費者金融は貸金業法の総量規制でお金を貸せる限度が利用者の年収の3分の1までと制限されており、必要なお金を用意できない可能性が高いです。
(銀行系のカードローンは総量規制の対象外ですが、銀行の審査は簡単に通るものではありません)

 

なお、仮に審査に通るのであれば、当然、消費者金融の教習所ローンや運転免許ローンを組むことができます。これらのローンは用途が縛られている分、金利が低いため返済のことを考えれば有利ですので、免許取得だけを考えるのであればいいでしょう。しかし、免許取得後の自動車購入を考えると、用途が縛られない、カードローンやキャッシングなどのフリーローンを利用する方が、自動車購入のためにローンを改めて組むことを考えると便利かもしれません。
フリーローンを利用するのであれば、免許を取得した後、利用限度額に余裕があれば、改めてローンを組むことなく車の購入にお金を充てることができるのです。

 

自動車ローンを別途組んだ方が、金利的に有利になる可能性もありますが、別の審査を受ける必要があるため、すでに免許取得のためにローンを組んでいる状況では、審査に受からない可能性もあります。また、審査に通ったとしても、返済が複数に分かれて返済がしにくくなるなど、不便なことになることもあります。

 

もし、自動車運転免許取得のためにお金を借りたいと考えているなら、運転免許を取得した後のことも考えて、利便性の高いフリーローンを選んでみてはいかがでしょうか。