無職キャッシング

失業してしまって無職の人はカードローンを利用可能?

事情があって会社を退職して失業中の状態では生活費のやりくりも大変となりますので、キャッシングの利用を検討するかもしれません。ただ、残念ながらキャッシングでは申し込みのときに審査があり、本人に安定した収入があるかを確認した上での契約となりますので、無職の人はキャッシングを利用するのは難しいと言えます。

 

無職の人は申し込み条件を満たさない

仕事をしていない人でも年金を受給している人や配偶者に収入のある主婦ならば利用できる場合もありますが、全く収入のない無職の人は申し込み資格を満たさない場合がほとんどです。これは大手の消費者金融の申し込み資格を見てみると一通りの会社で継続的な収入がある人のみなどと決められているためです。

 

インターネット申し込みをする時でも申込者の情報として入力するにあたって職業の欄を無職を選択することができません。パートやアルバイト派遣社員ならば問題なく申し込みができますが無職ではインターネット申し込み自体ができない仕組みになっています。

 

試しに消費者金融のホームページにある簡易診断を利用してみるとこのことがよくわかります。簡易診断とは、年収や他社利用状況などを入力して診断ボタンを押すだけで審査に通過できる見込みがあるかをお知らせしてくれるサービスです。
キャッシングの会社によりますが簡易診断も色々な職業を選べるようになっていることがあります。実際に無職を選択して診断を行ってみると、その他の項目をどのように入力したとしても必ず審査に通過できないという診断結果になります。

 

無職の人以外にも年齢の条件として20歳未満の人も同じように診断結果が借り入れ不可となります。利用可能な年齢の上限はキャッシングの会社によって違いますが、70歳ぐらいまでとなるのが一般的です。

 

無職の人がキャッシングを利用するには

それでは現在無職の人がどうにかしてキャッシングを利用したいときはどうすれば良いかを考えてみましょう。答えはとても簡単で、本人に収入がなければキャッシングを利用することができませんので、何か申告できる職業が必要があります。

 

・アルバイトや派遣

 

とはいえ正社員でなければならないと言うことはありませんので、例えばアルバイトや派遣社員でもキャッシングの審査に申し込むことは可能です。

 

審査では勤続年数が問われますので入社したばかりでは審査が厳しくなってしまいます。ただ、何ヶ月か働いて収入が発生すれば審査に通る可能性が出てきます。

 

逆にキャッシングの会社が無職でも借り入れができるといったアピールをしるならば、十分に注意する必要があります。なぜなら正しくルールを守って営業していない悪徳業者である可能性があるためです。特に聞いたことのない名前の会社の場合は注意しましょう。

 

・自営業を始める

もし何らかの事情でどっかの会社に雇われるのが難しいという状況ならば自営業を始めるというのもひとつの方法になります。キャッシングの審査では無職では申し込みはできませんが自営業をしているということで申し込みすることは可能です。会社勤めの人よりも収入が安定していないと捉えられ審査が厳しめになる可能性もありますが申し込みすること自体は可能です。
自営業の業種は何でも大丈夫ですので、気軽に始められるインターネットのビジネスで問題ありません。

 

自営業者として申し込むときの注意点としては、収入証明書が必要となる事がありますので実際はほとんど収入がない人が自営業者を名乗っても収入証明書を提出できないため審査に合格できないという可能性もあります。

 

・派遣会社や求職中の場合

派遣スタッフとして人材派遣会社に登録している場合はどうなるのでしょうか。キャッシングの審査では安定した収入が実際にあることが重要ですので現在派遣会社に登録しているだけで実際に就業していなければ無職と同じ扱いとなってしまいます。
ハローワークで求職の手続きをしている状態も同じで、まだ収入が発生していないならばキャッシングの申し込み条件を満たしませんので注意しましょう。
キャッシングの審査では在籍確認というものがあり、審査の担当者が勤め先に実際に電話をかけて本当に働いているのかを確認しますので、実際には勤務していない会社を申告しても審査には通りませんので注意しましょう。

 

・専業主婦が借り入れ可能なカードローン

専業主婦の場合は配偶者に収入がある場合がほとんどですので、完全な無職とは違いますが、基本的に消費者金融は専業主婦の申し込みを受け付けていません。最近ではレディースローンというサービスも登場していますが、こちらも専業主婦が利用しやすいというものではなく、本人に収入のある女性が利用しやすいように配慮されたサービスです。

 

専業主婦の人がどうしても無担保で借り入れしたいならば、銀行カードローンの中から利用可能なものを探してみましょう。銀行によって異なりますが配偶者の収入証明書が必要となる可能性もあります。全国的に有名な大手のメガバンクのカードローンでも専業主婦の人が利用できる場合もありますので、色々な銀行のサービスを調べてみましょう。