3万円借りたい

給料日直前になって生活費が少し足りなくなってしまったり、急な出費で2、3万円ほど足りなくなったりしてしまったという場合に、キャッシングやカードローンで対応するという人は多いです。

 

キャッシングを取り扱っているのは消費者金融だけではありません。銀行のカードローンは消費者金融のものより金利が低く、高額の借り入れもしやすいです。
しかし、給料日前に少しだけ借りたいという場合は、消費者金融を利用したほうが便利なこともあります。

 

 

消費者金融の無利息期間

銀行カードローンの金利は15%弱、一方の消費者金融は18%程度というのが一般的です。これだけなら銀行カードローンを利用したほうがお得に見えるのですが、一部の消費者金融には無利息期間があります。

 

無利息期間というのはその名の通り利息なしで借り入れができる期間で、アコムやプロミスの場合、初回利用時に限り30日間利息がかかりません。ノーローンの場合は、1週間と期間が短いものの、何度でも無利息期間が利用できます。

 

無利息期間内に全額を返してしまえばもちろん支払う利息はゼロ。期間を過ぎてしまうと当然利息は発生することになりますが、それでも最初の一ヶ月分は無利息のままのため、多少オーバーする程度なら銀行カードローンよりもお得です。

 

カードローンの返済はリボ払いとなるのが一般的ですが、もちろん一括返済も可能です。給料日が来たら無利息期間が終わらない内にすぐ返済してしまうのが良いでしょう。

 

借り入れが少額なら利息も少なめ

無利息期間があるのは初回利用時のみという場合が多いのですが、そもそも借入額が少額で短期間ならば2、3%の金利の違いは大きな差を生みません。

 

例えば2万円を金利18%で3ヶ月借りた場合の利息を考えてみましょう。
2万円×18%÷365日×90=約888円

 

銀行カードローンの金利が14.5%とすると、利息は以下のようになります。
2万円×14.5%÷365日×90=約715円

 

少額の借り入れの場合、銀行で借りても消費者金融で借りでも数百円の違いしかありません。

 

 

申し込みから借り入れまでが早い

消費者金融のカードローンの長所は無利息期間だけではありません。申し込みから利用開始までの時間が短く、スムーズに進めば申し込んだその日にお金を借りることもできます。

 

申し込み限度額によって審査時間や必要書類は変わりますが、2〜3万円の少額利用を予定しているのであれば短時間で終わるでしょう。

 

借り入れ方法は主にローンカード利用か銀行振込の2種類となりますが、銀行振込は振込先口座に条件があったり、銀行の営業時間の影響を受けたりします。急ぎの場合にはカードを使ってATMから借り入れるのがおすすめです。

 

自動契約機を設置している消費者金融ならば、自動契約機でカードの受取ができます。自動契約機の営業時間は22時頃までというところが多く、多少時間が遅くても即日融資しやすいです。
審査で在籍確認をすることを考えると、遅くとも職場に人がいる夕方ぐらいまでには申し込んでおきたいです。
申し込みと必要書類の提出はインターネットから行えるため、ネットで申し込みと書類提出を終え、カードを自動券売機で受け取るという流れが最もスムーズです

TOPへ