賃貸の退去費用が高すぎて払えない

賃貸の退去費用が高すぎる場合はどうする?

マンションやアパートから引っ越す際に、多額のクリーニング・修繕費を請求されたというトラブルは多いです。

 

本来であれば、部屋のクリーニングや修繕は持ち主である大家が修繕するべきものなのですが、契約時に借り主が負担するように決めるのが一般的です。

 

生活する上で普通につくような傷や汚れについては、借りていた人の責任を問わないという決まりになっています。住んでいた年数が長ければ長いほど経年劣化が起こるため、居住年数が長ければそれだけ借り主の責任は少なくなるはずです。
また、クリーニング・修繕が必要な場合は敷金を使い、どちらも必要なければ敷金は返すことになっています。

 

しかし、退去時に敷金が返ってきたという人はごくわずかでしょう。それどころか、大きな傷や汚れを付けていないにもかかわらず、多額のクリーニング代・修繕費を請求される例が後を絶ちません。

 

 

契約書の再確認を

退去時の費用負担については、賃貸の契約書に必ず記載があります。退去が決まったら、もう一度契約書を確認しましょう。
本当ならば、入居時にしっかりと確認しておくべきなのですが、何かと忙しい引っ越しのタイミングで契約書の隅から隅まで読み込んでいる人は多くないでしょう。

 

契約書には、退去時の費用について借り主負担となることが記されているはずです。

 

これから賃貸を借りるという人は、入居前に不動産屋立ち会いのもと傷や汚れのチェックをしておくようにしておくと安心です。写真や動画などの記録を残しておけば、入居前からあった傷や汚れのことでとやかく言われる心配がありません。

 

 

退去時にかかる費用

先にも述べたように居住年数が長ければ長いほど借り主の責任は少なくなります。経年劣化により物件の価値は落ちていくため、原状回復義務があるとは言っても、自然に劣化していくものについてはどうにもできないからです。

 

住んでいた年数が長ければ、それだけ修繕・クリーニング代の家、借り主負担が減り、大家の負担が増えます。
基本的にはそういうルールなのですが、退去時の費用負担を借り主ばかりに求めるケースが多いです。多少の傷や汚れは当然生じるものですし、しかも必要があれば敷金からお金を出すべきで、よほどのことがなければ多額の費用を請求する必要はないはずなのです。

 

しかし、敷金は返ってこないものだと諦めている人が多く、返ってこなくても抗議されることは少ないです。クリーニングや修繕の必要にかかわらず、敷金のぶんは請求してしまうという大家がほとんどです。
ただ、裁判になったり弁護士を雇ったりすると面倒な上にお金がかかるため、きちんと抗議すると退去費用を多く取られることは少なくなります。敷金も返ってきやすくなります。
もちろん中には誠実な大家もいるのですが、多額の退去費用を取られないようにするためにはこういう大家もいると知っておくべきです。

 

クリーニングにかかる費用

部屋の大きさや汚れの種類にもよりますが、2万5千円から5万円程度が相場です。

 

次の人に貸すために最低限必要なクリーニング代は、本当であれば大家の負担すべき代金です。しかし、傷とは違い部屋全体の汚れや匂いは目につかない上うえに、クリーニング代の相場も素人には分かりません。多めに費用を見積もっても分からないため、取られてしまいやすい費用です。

 

エアコンのクリーニング代を請求されることも多いです。悪質な例になると、退去者からエアコンのクリーニング代を取った後もクリーニングは行わず、新たな入居者が来た際に改めてクリーニング代を請求している場合もあります。

 

 

修繕にかかる費用

修繕にかかる費用は修繕範囲の大きさや種類によって異なります。

 

例えばフローリングの場合、一部屋全面張り替えるとなると費用は数十万円となります。
しかし、全面張り替えとなるケースはそれほど多くないでしょう。キャスター付きの椅子をカーペット無しで使い続けたりでもしない限り、広範囲の張り替えが必要となることは少ないです。
多少の傷であればパテで埋めてお終いです。パテ修理の場合、費用は多く見積もっても4万円台です。

 

壁紙の張り替えの場合、部屋全体となると10万円を超すことになりますが、それほど大掛かりに修繕することも多くないでしょう。一部の張り替えであれば4、5万円程度です。
中にはクロスの張り替えをすると言っておきながら、実際に張り替えを行わないこともあるようです。

 

畳の場合、畳表替えだけであれば一部屋2万円から4万円ほどかかります。畳そのものの交換となった場合はもう少しかかります。

 

壁の穴も修繕の対象になります。ただし、画鋲程度の穴であれが普通の生活の範囲でつく傷とされています。修繕費を請求されることはありません。釘などで大きな穴を開けてしまった場合は修繕の対象となります。

 

 

修繕費が高すぎると感じた場合は

修繕費が高すぎる、敷金で足りそうなのにも関わらず追加の費用を請求されたという場合は、しっかり抗議しましょう。
こちらの意見を聞き入れてくれず、強気な態度を崩さない場合は弁護士に相談するのも一つの手段です。不動産屋は基本的に大家の味方となるため、相談しても頼りにはなりません。

 

流石に裁判ともなると、大家としても面倒です。時間も費用もかかります。弁護士を頼ったと分かった途端、態度を変えて来る場合が多いです。よほどのことがない限り、裁判までになるのは稀です。

 

弁護士を雇うとなるとそれなりの費用がかかりますし、敷金がいくらか返ってきても赤字になる可能性もあります。手間もかかるため、多少おかしいと思っても敷金が返ってこないぐらいなら仕方ないと諦めてしまう人も多いのです。
しかし、明らかに高額過ぎる修繕費や、悪質だと思えるような場合は相談しましょう。泣き寝入りしてはいけません。

 

 

大家と業者がグルの場合も

大家とクリーニング・修繕の業者がグルで、大家がキックバックを貰っている場合もあります。

 

まず大家が知り合いの業者に依頼し、多めの見積もりを出してもらいます。その後退去費用を請求し、大家が仕事を紹介した見返りに費用の一部を業者から貰っていることがあるのです。

 

クリーニングや修繕の業者は基本的に大家が決めた業者になるため、利用者側もカラクリを見抜きにくく、抗議もしづらいです。
修繕費の見積もりをチェックしたり、ネットで相場を調べたりしておかしいと感じたら、大家に一度確認してみるしかありません。