学生でもキャッシングを利用できる?

学生でもカードローンを利用できる?

学生でも20歳以上なら申し込めるカードローンはあります。

 

もしお金を借りる目的が学費なのだとしたら、カードローンよりも先に奨学金や教育ローンを検討しましょう。用途は限られているものの、金利が低く負担も比較的少ないです。

 

しかし、奨学金も教育ローンも借りられないという場合や、煩雑な手続きをしていられない場合、教育資金以外にも使いたいという場合には、カードローンを使わざるを得ないかもしれません。

 

カードローンは基本的に用途自由なので、借りたお金は学費にも生活資金にも使えます。

 

学生がカードローンを利用するための条件

第一に20歳以上でなければ申し込みできません。これはどこのカードローンに申し込んでも同じです。第二に収入のあること。不定期ではなく継続してアルバイトをしている方が望ましいです。

 

また、消費者金融に申し込む場合は総量規制にも気をつけなければなりません。消費者金融では本人収入の3分の1までの金額しか借りることができません。また、限度額50万円以上の場合は収入証明の提出が求められます。

 

20歳以上でアルバイトによる収入があれば、審査に通過できる可能性は十分にあります。

 

学生が利用できるカードローンは減っている

少し前までは、学生が利用できるカードローンというと、銀行カードローンか大手消費者金融のどちらかでした。

 

しかし、最近では大手銀行のカードローンが学生への融資を止めています。
銀行は総量規制の対象外だったため、主婦や収入の少ない人にも融資を行っていました。銀行にとって個人向けの小額融資は儲かる商品だったので、積極的にカードローンを売りに出していたのですが、その結果貸しすぎが問題となってしまいました。
批判を受け、専業主婦や学生など、収入のない人や少ない人への融資を停止する銀行が多くなりました。

 

たとえアルバイトで定期的な収入があったとしても、学生はNGとされることが増えました。ネット銀行の中にはまだ学生への貸付を行っているところもありますが、こちらもいつ停止になるかは分かりません。

 

銀行カードローンは金利が低く魅力的だったのですが、これだけ問題になってしまった以上、仕方ない対応なのかもしれません。

 

学生が利用できるのは消費者金融のカードローンが中心

銀行カードローンの利用が難しくなってしまったため、学生が申し込めるのは消費者金融のものが中心になります。

 

消費者金融でも、中小規模の業者は学生の申し込みを受付けていない場合が多いため、基本的に大手消費者金融を利用することになります。おかしな業者に引っかからないためにも、大手の方が安心です。

 

特にプロミスやアコムを利用している学生が多いです。

 

銀行カードローンに比べて金利は高いものの、審査基準が低く、学生でも収入があれば審査に通りやすいです。
ただ、学生の場合は限度額が10万円程度になることが多いです。返済実績を重ねれば20万円、30万円と引き上げることもできますが、その場合も総量規制の制限を受けることになります。

 

安易な利用はNG

学生でも申し込めるカードローンはありますが、積極的におすすめはしません。

 

借りたお金を返すには、アルバイトをして稼ぐ必要があります。
大学生がアルバイトをするのは普通ですが、それでも遊ぶためや生活費の足しにするためのアルバイトと、借金を返すためのアルバイトは違います。遊びに行くのを我慢したり、節約したりすることができますが、借金の返済は期日までに絶対に間に合わなくてはいけません。

 

返済のためのアルバイトに追われ、単位を落としたり就活に影響が出てしまったりした例もあります。

 

カードローンの金利は高く、返済が長くなるほど利息が膨らみ返済も大変になります。教育ローンや奨学金など、他にやり方がないかどうかよく考えてから申し込むようにしましょう。