ビジネクスト

ビジネクスト

「ビジネクスト」は貸金を行う業者ですが、扱っている融資には、いくつか特徴があります。消費者金融での融資よりほんの少しだけ手間がかかりますが、用途に応じて利用すれば大きなメリットがあります。

 

まず、ビジネクストカードローンの大きな特徴は、個人事業者への貸付を積極的に行っていることです。個人事業者は、個人向けのローンでなく、ビジネクストやオリックスクラブカードなどが扱う「事業者ローン」を利用した方が融資を受けられる可能性が高くなります。

 

実は、アコムやプロミスなどの大手消費者金融も個人事業主に対する貸付を行っていますが、大歓迎という感じではありません。と言うのも、貸付の際に重要視される「返済能力」を判断する方法が、個人と個人事業主とでは大きく異なるためです。

 

サラリーマンの場合、勤続年数や年収、抱えている債務総額等が判断材料になるので、審査はそれほど複雑ではありません。しかし、個人事業者の場合はそうはいきません。事業の決算書や確定申告書を読み取り、業績なども総合的に判断する必要があります。

 

大手消費者金融では、やはり個人の利用者が多いため、個人事業者に向けたそのような審査のノウハウが充実していません。そのため、自営業者は審査に通りづらくなっています。(プロミスは自営業者への貸付は寛容で、少額の借入であれば問題ないと言われています。)

 

一方、ビジネクストなど、事業者向けに積極的に貸付を行っている業者は、確定申告書や決算書などから返済能力を判断するノウハウに長けています。きちんと審査が行われ、事業計画、収支計画に問題が無ければ契約、融資を受けることができます。

 

また、ビジネクストカードローンは、一定の条件を満たす場合、総量規制の対象外になるというメリットもあります。貸付は貸金業法に基づいて行われますが、個人事業主への貸付は総量規制の例外が認められています。 (法人代表者は総量規制の対象になります。)

 

一定の条件とは、下記の条件です。

 

資金使途が事業資金であること。(事業を営んでいること)
確定申告書および当社所定の事業計画・収支計画・資金計画をご提出すること。
借入金額が返済能力を超えない範囲であると認められること。法人名義での借入は総量規制の対象。(要慎重審査)

 

それでは、ビジネクストカードローンの融資までの流れをご紹介します。まず、WEBサイトの専用ページから申込みしてください。仮審査が行われ、その結果について電話で連絡があります。仮審査に通った場合は、必要書類を郵送かFAXで送付し、本審査が行われます。

 

必要書類ですが、法人の場合は代表者の本人確認書類、登記事項証明書(商業登記簿謄本)、決算書原則2期分が必要です。個人の場合は、本人確認書類と確定申告書原則2年分が求められます。漏れがないよう注意して、用意してください。

 

また、FAXでの申込みも受け付けており、WEBサイトで申込用紙をダウンロードできます。フリーコールも設けられているので、質問があれば平日9時30分から18時まで電話で問い合わせが可能です。

 

なお、ビジネクストでは即日の融資は行っていないので、注意が必要です。上記の必要書類がビジネクストに届いてから、土日祝日を除いて3日ほどかかります。混雑していれば、さらに日数がかかる恐れがあります。

 

より早く融資を受けるためには、必要書類を郵送ではなくFAXで行うことをオススメします。また、なるべく祝日のない週の初めに申し込むと良いでしょう。上記のフリーコールを利用して、記入間違いや送付漏れが無いよう、事前に不備を確認することも大切です。

 

これまで説明したとおり、法人や個人事業主の融資審査では、多くの書類の提出が求められます。一般的なカードローンと比べるとかなりの負担ですね。他にも並行して融資の審査があるなど、書類が揃っていれば良いですが、イチから作成するのはなかなか骨が折れてしまいます。

 

そのため、生活費が少しだけ不足している時などは、少額であれば自営業者にも貸付してくれるプロミスから借入れするのがオススメです。給与の支払いなど、高額の資金が必要な場合は、確実に審査に通るよう余裕を持って書類を用意し、事業者ローンを利用すると良いでしょう。

 

以上のとおり、ビジネクストカードローンは、個人事業主や、会社の代表取締役への融資を積極的に行っている事業者向けのカードローンです。審査書類が必要なので、一般のフリーローンより少しだけ煩雑ですが、高額の融資を間違いなく受けたい時は、きっと役立ちます。

 

資金繰りに困ると、どうしていいか分からず抱え込みそうになりますが、便利なカードローンやフリーローンを利用する方法があります。必要な金額、用途、時間的な猶予を総合的に判断して、ビジネクストカードローンか他のフリーローンかを決めましょう。

 

▼ビジネクストのお申し込みはコチラ

page top