消費者金融のブラックリストはいつ消える?

消費者金融のブラックリストはいつ消える?

ローンの審査で使われる「ブラックリスト」とは

消費者金融でお金を借りていたとしても、きちんと返済をし続けていれば
ローンを組むのに不利になりことはありません。
ただ、いろいろなところから借金をしていたり、自己破産をしていたりすると
ローンを組めなくなるおそれがあります。

 

事故情報(ブラックリスト)とは

「ブラックリスト」というものを聞いたことがあるでしょうか。これは個人信用情報機関の事故情報のことを指します。

 

CICJICCといった指定信用情報機関には延滞、債権回収、債務整理といった情報があり、ローンの審査にはこれらの情報が使われます。

 

長期の延滞や債務整理のような「事故情報」がある人がいわゆるブラックリストに該当し、ローンの審査が通らなくなるような人たちです。

 

事故情報はいつまで残るのか

自己破産などをして信用機関に事故情報が記録された場合でも、いつまでも記録が残るわけではなく、一定期間が経過したら削除されます。
具体的には長期延滞であれば、延滞が解消されてから1〜5年程度。
自己破産などの場合は5〜10年で記録が消されます。信用機関によっても記録が残る期間に違いがあります。

 

債務整理情報の場合、ICCやCICは5年間、KSC(全国銀行個人信用情報センター)は10年間です。

 

つまり。自己破産の免責決定から5年経過していれば、KSCに加盟していないローン会社の場合は、審査に通る可能性があるということです。さらに、10年以上経っていれば住宅ローンや自動車ローンの審査には何ら影響はありません。

 

消費者金融にもブラックリストはあるのか

どの金融業者も、信用情報機関とは別に業者独自に契約履歴を残していて、これらの記録は原則消えることはありません。
消費者金融によっては、遅延が続く人をまとめた「ブラックリスト」を持っている場合もあります。
また取り立てに関してですが、延滞した直後に自宅や職場に取り立てにくることはまずありません。
延滞が長期に及んだ場合に督促状の送付、債権回収業者の利用等を経て給与差押え等が行われます。

 

(編集後記)
こないだ日生の花火大会があり鴨方から日生へ行きました。
日生まで行って喫茶店サザンへ入りアイスコーヒー400円ですが、そこでちょっとクラウドワークスの作業をしたので200円くらいは稼げたと思います。
また日生の花火大会の後に友人らとドライブかガスト行こうと言われましたがガストは備前、友人がいるのは日生で私がいるのは鴨方なので備前から日生にまた戻りそこから鴨方となるとべらぼうにガソリン代が高くなります。

 

こりゃあやばいと思っていたら日生の花火大会会場近くにカフェが23時まで特別オープンしてるのを知ってそこで500円のイタリアンスパゲティだけ食べてゆっくりしました。結果、その友人らを連れてドライブだとかファミレスだとか行かなくて良くなりました。
帰りもサクサク帰れたし、本当にお金をあまり使わない日生花火大会での出来事でした。
もちろん花火大会中は屋台がたくさん出ても結局高くつくのを知ってるので私は何も買っていません。

page top