銀行カードローンではなく消費者金融を選ぶメリットは?

銀行カードローンではなく消費者金融を選ぶメリットは?

カードローンを取り扱っている会社は様々で、大きく、銀行・消費者金融・信販系の3つに分けられます。
この中では銀行カードローンが最も金利が低い傾向にあり、できるだけ支払う利息を抑えたいのであれば銀行カードローンを利用するのがおすすめです。

 

消費者金融については金利が高いというだけではなく、イメージの悪さで敬遠されている節があります。厳しい取り立てをされるのではないかと不安に思っている人も多いです。

 

しかし、消費者金融に対するそういった悪いイメージは今やフィクションの中の話でしかありません。大手はどこも丁寧な対応をしていますし、法律に則ってお金を貸しています。

 

消費者金融の方が銀行カードローンよりも金利が高いというのは事実ですが、融資までの早さや融通の聞きやすさなど、消費者金融の方が優れている面もあります。

 

 

 

審査通過率の違い

銀行の場合、多くは最低限度額を10万円としています。消費者金融の場合、最低限度額を1万円からともっと低い金額から定めているところが多いです。
限度額が小さい分、収入があまり多くない人や、非正規雇用など信用度が低いとされている人でも対象となります。

 

ただ、消費者金融の場合、年収にかかわらず、初回の限度額は低めに設定される傾向にあります。大手企業に勤務しているような人でも、初回はよくても50万円程度の限度額になります。

 

返済を順調に行えば限度額を増やすことはできますが、最初から大きめ限度額で利用したいという場合には、消費者金融は不向きです。そういった場合は、銀行カードローンに申し込むのが良いでしょう。

 

 

 

少額利用が中心

銀行カードローンと比べると、消費者金融の利用は少額のものが多いです。

 

消費者金融の限度額は会社にもよりますが、最高で500万程度のところが多いです。しかし、実際に限度額500万円で利用している人はほとんどいないでしょう。
消費者金融は総量規制の対象であるため、年収の3分の1までしか借りることができません。500万円借りるためには1500万円の収入が必要となります。あまり現実的とはいえない数字です。

 

高額の借り入れであればより金利の低い銀行カードローンを利用するべきですし、消費者金融で高額融資が可能なほど年収があるのであれば、銀行カードローンの審査も問題なく通るはずです。

 

 

 

申し込みから借り入れまでが早い

消費者金融のメリットといえば、やはりそのスピードについても触れておくべきでしょう。

 

消費者金融の審査時間は短く、大手になると最短30分で審査が終わります。審査が終わってから融資実行までの時間も短く、即日融資に対応している消費者金融も多いです。
最近では、銀行カードローンにも短時間での審査や即日融資に対応し始めていますが、その銀行の口座が必要であることが多く、急な用事には対応しにくいです。
土日の審査や即日融資となると、やはりまだまだ消費者金融に軍配があがります。

 

消費者金融の審査時間が短いのは、限度額が小さく、信用度が低めの場合でも融資が可能です。
また、銀行と比べて個人向け無担保ローンの取り扱い経験も豊富で、審査に必要なノウハウもあるため、短時間で判断が可能となっています。
銀行の場合は、初回時点で限度額が大きいため、それだけ審査も厳しく行わなくてはなりません。銀行カードローンの中には、消費者金融が保証会社となり審査を行っているところも多いのですが、審査基準は銀行のものを使用するため、やはり時間がかかりやすくなっています。

 

急いでお金を借りたい場合や、土日に即日融資を利用したいという場合は消費者金融の利用がおすすめです。
土日でも審査を夜まで受け付けているところが多く、自動契約機の営業時間も21時ごろまでという会社が多いです。自動契約機があれば、その日のうちにカードを受け取って、すぐに現金でキャッシングかできます。

 

 

 

主な大手消費者金融

大手消費者金融の金利と借入可能額を紹介します。

 

・アイフル
金利:4.5〜18.0%
借入可能額:1,000円〜500万円

 

・アコム
金利:3.0〜18.0%
借入可能額:1万円〜800万円

 

・ノーローン
金利:4.9〜18.0%
借入可能額:1万円〜300万円

 

・プロミス
金利:4.5〜17.8%
借入可能額:1,000円〜500万円

 

・モビット
金利:3.0〜18.0%
借入可能額:1万円〜800万円

 

最低借入額を1万円とするところが多いですが、アイフルやプロミスは1,000円から借り入れできます。5000円だけ借りる、8000円だけ借りる、というように必要な金額だけを無駄なく借りることができます。

 

金利を比較する際は、最も高い金利に注目するようにしましょう。最低金利を見比べてはいけません。最も低い金利が適用されるのは、最も高い限度額の時だけです。モビットやアコムの最低金利がほかと比べて低いのは、借入可能額が800万円と高いためです。

 

 

また、消費者金融の中には、初回利用時限定で30日間利息が0になるサービスを実施している場合もあります。プロミスやアイフルなどで実施されており、この期間内に返済を終えれば利息は一切発生しません。
30日間を超えた場合でも、短期間であれば銀行カードローンよりもお得になるケースもあります。

 

 

主な銀行カードローン

主な銀行カードローンの金利と最高限度額は以下の通りです。

 

・オリックス銀行
最高限度額:800万円
金利:1.7〜17.8%

 

・ジャパンネット銀行
最高限度額:1,000万円
金利:2.5〜18.0%

 

・みずほ銀行
最高限度額:800万円
金利:2.0〜14.0%

 

・三井住友銀行
最高限度額:800万円
金利:4.0〜14.5%

 

・三菱東京UFJ銀行
最高限度額500万円
金利:1.8〜14.6%

 

・住信SBIネット銀行
最高限度額:1,200万円
金利:0.99〜14.79%

 

・新生銀行(レイク)
最高限度額:500万円
金利:4.5〜18.0%

 

消費者金融と同じく、金利を比べる際は、最も高い場合で比べることが大切です。

 

最高限度額については、いくら銀行総量規制の対象外といえど、申し込み時にはあまり関係のない話でしょう。最高限度額の違いが、最低金利の差を生み出しているということが分かれば大丈夫です。

 

最低限度額は10万円程度のことが多く、そのため消費者金融に比べ審査のハードルがあがっています。しかし、最低借入額については、消費者金融と変わりありません。基本的には1万円から、三菱東京UFJ銀行やオリックス銀行などは1,000円から借入可能です。

 

page top