奨学金を滞納するとどうなるのか

奨学金を滞納するとどうなるのか

学業のために奨学金制度を利用している学生は多いです。奨学金が貸与型の場合は、就職してから自身で返済をしていく必要があります。

 

しかし、給与が安くかったり、就職自体ができなかったりして奨学金を滞納してしまう人もいます。たとえ奨学金といっても、銀行や消費者金融からお金を借りた時と同じように取り立てが行われ、信用情報機関に事故情報が登録されます。

 

具体的には3ヶ月以上延滞した場合に延滞情報が記録されます。延滞情報が記録されると、ローンの審査に通らなくなります。
奨学金だからと軽く考えている人が多いですが、他の金融機関と同様、滞納が続くと財産が差押えられることも十分考えられます。

 

日本学生支援機構からの奨学金の延滞

日本学生支援機構から借りている奨学金を延滞している場合、まずは職員等から電話連絡があります。
続いて督促状が届き、支払督促申し立てが行われます。それでも返済をしなければ強制執行(差押え)となるのです。

 

取り立ての方法

取り立ての第一段階は電話や手紙による督促です。
日本学生支援機構は保証機構を使っており、滞納した場合は保証機構から連絡があります。

 

携帯電話や固定電話、勤務先に電話がかかってくる可能性がありますが、携帯・固定電話にちゃんとでれば、勤務先に連絡がある可能性はほとんどないと言っていいでしょう。
ちなみに、自宅や勤務先まで取り立てがくることはほとんどありません。これはカードローンの取り立ても同様です。

 

支払督促申立とは

第一段階の取り立てで返済が行われない場合、法的措置が取られます。
「支払督促予告」で利息を加算した借入金を全額一括で返還するよう請求されます。
これに応じなければ裁判所に支払督促申立がされ、さらには仮執行宣言付支払督促の申立と続きます。

 

強制執行とは

督促の最終段階が「強制執行」です。
強制執行が行われると勤務先へ通知が行き、給料の一部(1/4以下)が強制的に返済に回されます。
給料の1/4も持っていかれると生活は非常に苦しいと思います。
滞納をしている人ならなおさらです。
ですので、強制執行が始まる前、電話による督促が始まった段階で日本学生支援機構に連絡を入れましょう。
日本学生支援機構の奨学金には返還期限の延長や、月々の返済額を減らせる場合もあります。
それでも返済が難しい人は、任意整理や自己破産と行った債務整理も検討しましょう。

 

(編集後記)

長期の休みに入ってから、高校生の娘は友達と外食や遊園地や野球観戦などに出かけて、お金ばかり使っています。この間の野球観戦に行った時はグッズを買ったらしく1万5千円も使ってきたのです。しかもチケットの値段は入っていません。

 

しかし、娘に無駄使いを注意すると、みんなもっとお金を使ってるし、友達は長期の休みの間オーストラリアに留学してる子が多いと言うのです。またフィリピンに留学してる子もいるらしく私は本当に驚きました。しかも、みんな自分でバイトしたお金で行ったのではなく親のお金で行ったみたいなのです。それも40万以上留学資金が掛かったらしいのです。奨学金を使う場合もあるそうです。

 

娘もみんなよりももっと凄い所に留学したいと言い出したので、私は昔と今は金銭感覚が変わってきたんだと思いました。そして、皿に驚いた事は友達はお母さんとアイドルグループのコンサートに頻繁に行ってお母さんも大きなうちわを作ってアイドルグループを応援に行くと言うのです。

 

しかも、友達の家はアイドルグループのグッズだらけで親子で集めているのだそうです。しかし、アイドルグループのチケット代だけでも7000円以上はしますし、グッズもフェイスタオルでも2000円以上はします。でもきっと私が凄いと思うのは友達のお母さんの若い子達とアイドルグループを応援しいても違和感がない若さだと思います。

page top